有限会社アチェルボ テレビ制作会社

あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ A〜Z
用語辞典
さ
し
す
せ
そ
さ
【サード】
三番手で一般的には一番下の助監督。小道具や持道など美術を担当。

【サービスエリア】
電波が届く範囲。

【最大級表現】
「世界初」「最高」「最大」「最優秀」などの表現をする事。
これらの表現は社会的な裏付けのない限り使う事はできない。

【彩度】
色の3属性の1つで、色の鮮やかさを示す尺度。

【サイドスーパー】
画面の中央以外に小さい文字やロゴで表示されるスーパー。

【サイトライン】
劇場における観客の視線をいう。劇場設計および明かり合わせに非常に重要な要素である。

【サイドライン】
横から当てる照明。測光。

【サイドローブ】
主放射に隣接する副放射をいう。

【サイマル放送】
複数のチャンネルで、同じ時刻に同じ内容の番組を放送する事。

【サイレント】
音なしで撮影すること、またはその作品のこと。

【先だし】
ネット番組で、受局の方が発局よりも先に放送する事。

【ザギン】
銀座のこと。

【差し替え】
諸事情により、番組自体や番組内コーナーの内容を変更する事。

【サスペンションライト】
照明器具を真下に向けて照明することをいう。サス(SUS)ともいう。

【サチュレーション】
彩度、飽和度ともいう。彩度の高い色は強烈な色、生き生きした色の感じ。
彩度の低い色は、薄く弱々しい色の感じ。

【サチる】
映像レベルが極端に高くなると、ハイレベルの部分が映像アンプでカットされ白つぶれの飽和状態となり、階調不良となる現象。
飽和状態となることを「とぶ」、「とんでいる」ともいう。

【撮影】
(1)撮影行為そのもの。
(2)カメラマン。

【撮影助手】
カメラマンの助手、補佐。仕事の役割によって「チーフ」「セコンド」「サード」と呼ばれる。

【撮像素子】
カラーカメラの撮像素子としては、撮影管を使用した3管式や単管式、また個体撮像素子を使用した3板式や4板式、単板式がある。

【サテ局】
サテライト局。親局の電波が届かない地域を対象に、親局からの電波を受けて放送する中継局。

【サブ】
副調整室。生放送や中継などをオンエアーしたり、スタジオ収録したりする放送の中心部。

【サブタイ】
サブタイトル。本題を補足する形でつけられる。

【座布団】
タイトルやアドレスのテロップのベースとなるカラーパターン。

【サラウンド】
マルチチャンネル音響。ステレオフォニックでは表現しきれない定位感や奥行感、音に包まれる感覚を再現する。

【三冠】
視聴率で「全日」「プライムタイム」「ゴールデンタイム」の3分類でトップをとる事。

【三脚】
カメラを載せて固定し撮影するための3本の脚部から成る機材。通常は雲台と組合わせて使用する。

【残像】
被写体が動いたとき、元の位置に象が尾を引いて残る現象。

【サンプラー】
音声をサンプリングして音源とする機器。MIDIコントロールなどにより発音する。

【サンプリング】
データのアナログ信号の強さを一定時間ごとに採取してデジタル記録が可能な形にすること。
音声をデジタルデータとして記録するために、一定時間ごとに音の強度を採取する処理。
し
【シーケンス】
連続した映画やテレビの映像で、ある程度まとまった部分を指す。
ショット(カット)の集まりがシーンとなり、シーンの集まりがシーケンスとなる。

【シースー】
寿司のこと。

【仕上げ】
編集やMA作業等、撮影後の作業。

【ジェネレーション】
テレビジョン信号を電子編集などでビデオテープからビデオテープにコピーすることで、信号は転送される。

【じか引き】
タレントや出演者に対して、所属事務所を通さずに直接交渉を行なう事。

【色差信号】
RGBの3つの信号から輝度信号成分を除いた信号。したがって、色差信号には明るさの成分は含まれていない。

【色相】
色は赤、紫(マゼンダ)、青、水色(シアン)、緑、黄色などのように分類されるが、このような「色み」を色相という。

【色度信号】
色情報をもった信号で、3.58MHzのサブキャリア(副搬送波)を強調して伝送されるので、カラー信号の周波数は3.58MHzといえる。

【指向性】
アンテナから放射される電波の強度が方向によって変化する性質をいう。

【仕込む】
撮影のための準備。セッティング。「セットする」「仕掛けを作る」の意味にも使う。

【白パト】
劇用パトカー。覆面パトカーの場合は「黒パト」。

【シナリオ】
→台本

【シネマスコープサイズ】
画面の縦横比が、1:2.35のものをいう。ビスタサイズより横長サイズとなる。

【視聴率】
ある時間帯で、全体のうちどれだけの視聴者が見ているかという比率。
「株式会社ビデオリサーチ」が計測し、その結果を%で表示する。

【実景】
あるがままの風景。

【実写】

(1)現実を写した映像。
(2)画像処理されていない映像。

【下手】
撮影する側から見て左側。カメラに向かって立つ出演者からは右側。

【絞る】
(1)レンズの絞りを狭めて露光を少なくする事。
(2)ライトのフォーカスを調整して、光の当る部分を狭める事。
(3)音量を下げる操作。

【尺】
(1)フィルムの長さ。
(2)カットやシーンの時間。
(3)尺貫法の単位。

【尺合わせ】
(1)編集で、決められた時間に長さを合わせる事。
(2)音楽をシーンの長さに合わせて編集する事。

【シャッター】
撮像面に光が当たる時間をコントロールすることで露光を調整する機構。

【車両】
ロケ車両。ロケに行く際の人や機材を乗せる。

【ジャンプショット】
同一動作、同一サイズ、同一方向のショットをつなぐと動作、イメージの連続性を損なってしまう。
このようなつなぎになるショットをいう。

【順光】
カメラ方向から照明される光。人物照明ではベースライト効果が得られるよう照らすことが加わる。

【照度】
受光面の光の量。

【照トラ】
照明トラック。

【週プロ】
週間プログラム。編成が発行する「週間番組表」。

【シュート】
カメラを回し始める事。

【主調整室】
番組の切り替えや送り出し、調整、監視その他を担当する放送局の心臓部。マスター。

【準備稿】
(1)決定稿に至る前の台本。
(2)第1稿。
(3)第1稿の前の段階の台本。

【状況音】
撮影現場での、スタッフや関係者が発する音以外の音。

【情景】
ライティングなどで手を加えた風景。

【ショックマウント】
マイクの防振装置、ホルダー。

【ショット】
日本では「カット」と呼んでいるもの。切れ目のない連続した映像のつながりをいう。

【白キズ】
CCDにおいて入射光のレベルにかかわらず、光電変換ができない欠陥画素をいう。
画面には白いキズ状に見えることからこの名前が付いた。

【しりボールド】
カット始めにカチンコを写しこめない場合に、カット終わりにカチンコをいれる事。
通常のカチンコと区別する為、カチンコを上下逆さにする。

【白完】
テロップの入っていない編集済みテープ。

【シンク】
→同期信号

【シンクジェネレーター】
同期信号発生器。

【シングル】
視聴率が1桁になる事。

【ジングル】
極端に短い音楽。映像の場面転換の際に入れたりする。

【シンクロナイザー】
VTRとテープレコーダーなどをタイムコードにより同期走行させる機器。

【深層記録】
一般のVTRの記録条件のもとでは、低周波信号はテープ磁性層の深層まで磁化し記録することができる。

【地明かり】
舞台やスタジオ床面を均一に照明した明り。

【事故】
→放送事故

【事故補償】
事故分の放送を補償する事。CMの場合、他の時間または他日の同時間などに放送して補償する。

【順撮り】
撮影において、カットの順、あるいはシーンの順に撮影していく事。

【助監督】
監督の助手。補佐。
す
【素】
音が入っていない状態。

【スーパーインポーズ】
画面合成のひとつで、2つの画面を重ねて一画面を作ること。文字を重ねる場合が多いため、テロップ=スーパーと表現されることが多い。

【ズームフォロー】
人物など、動く被写体をズーム操作でサイズを修正しながら撮影すること。

【ズームレレンズ】
連続的に、焦点距離を変化させることができ、しかもピントズレを生じない機能を持ったレンズのこと。

【スイッチャー】
番組制作上、複数の映像を切り替え、連続した映像を作る技術者を指す。
(SW)または、テクニカルディレクター(TD)が兼務する。
または、映像混合増幅装置のこと。

【数字】
「視聴率」の俗称。

【スカイライト】
天空光の代用として使用するスタジオ用大型照明器具。大面積をフラットに照明する場合に用いる。

【スカイライン狙い】
太陽が沈む直前、夕方と夜の境い目の時間帯に撮影する事。

【スクリプター】
脚本作家。あるいは監督の助手で、撮影現場の演技のつなぎや状況を記録する係。記録。

【スケジュール】
(1)番組やCMの放送予定。
(2)ロケの予定。
(3)仕事の予定。

【スタジオ】
(1)局内などにある、番組の収録が行われる場所。
(2)撮影に使われるキッチンスタジオやハウススタジオ。

【スタッフドライ】
スタッフだけで、役者の位置やセット状況を確認するリハーサルの一種。

【スタント】
俳優ができない危険なシーンを替りに演じる軽業師。

【スタンドイン】
リハーサルでまだキャストの立ち位置やカメラ位置等が決まっていない場合に、スタッフがキャストのかわりになる事。

【スチール】
(1)写真。
(2)動画の一コマを静止画にする事。

【スチル再生】
ビデオテープに連続記録された映像信号の1コマ分を静止させて再生すること。

【捨てカット】
余分に付け加えるカット。予定尺より余分に捨てカットをつないでおき、ナレーションが予定より長くなっても映像が切れないようにしておく。

【ストーリーボード】
ノンリニア編集で、各クリップ(カット)の冒頭の静止画像をディスプレイ上に筋書き通りの順番に並べて表示した画面。

【ストロボ撮影】
ビデオカメラは1フレームが1/30秒に対して、ストロボの発光時間は1/2000秒と極めて短いため、速い動きの被写体でも画面上ではほとんどブレることもなく、鮮明な映像が得られ、運動の解析等では大いに威力を発揮している。

【スピル】
被写体あるいはホリゾントなど、必要としないところに光が漏れること。漏れ明かり。

【スポットCM】
番組と番組の間に流すCM。

【スポンサー】
提供主。広告主。

【スポンサード】
番組に対してスポンサーがついている事。
せ
【セイムサイズ】
カットを同ポジ、同尺でインサート編集すること。

【セーフティゾーン】
→安全フレーム

【雪州】
底上げ、上げ底。

【接写】
小さい被写体を拡大撮影すること。
それほど小さいもので無ければ標準レンズの前玉にプロクサー(クローズアップレンズ)を装着したり、レンズのマクロ機構を利用して撮影することも可能。

【セット】
(1)撮影のために作られる構造物。
(2)目的に応じて機器を組み立てたり配線したりする事。

【占拠率】
テレビをつけている世帯全体を100%として、その中のどれぐらいの世帯がその番組を見ているかを算出したもの。
視聴率とは別物。

【宣材】
タレントの宣伝用の写真。

【全日】
6時から24時までの放送時間帯。

【全枠】
その番組の全てのCM枠。
そ
【ソース】
ビデオ・音声作品の素材。スイッチャーやミキサーの入力信号。

【走査線】
TV画面を構成する線上の電気信号。本数が多いほど鮮明で綺麗な画面を映し出す事が出来る。

【双指向性マイクロホン】
両指向性マイク。指向性が8の字をしている。

【装飾】
(1)スタジオセット等に置く家具類。
(2)それを扱う部門、スタッフ。

【送信所】
放送の映像・音声を電波にして実際に送り出すところ。

【双方向サービス】
デジタル放送で使える手法。リモコンを使って番組に参加する事ができる。

【速報スーパー】
事件や事故などの時、緊急の情報を画面の一部に1〜2行の文字列でスーパーする事。

【素材テープ】
(1)撮影済みのフィルムやビデオテープ。
(2)編集時点では必要な取材映像や資料映像の全てを指す。

【素材変換】
異なったテレビ方式、あるいは異なったVTRフォーマットで記録されたビデオテープを、標準のテレビジョン方式に統一して変換すること。

【空幕】
スタジオで、ホリゾントの代わりに使う幕のこと。

【ソラリゼーション】
デジタル化された映像の輝度信号、または色信号の特定のビットを意図的に抜き去って階調を粗く間引くことにより、画像の輪郭を強調しギラギラした画を作り出す機能。